様々な種類のローン

自分の手持ちに現金がなく、必要なものを手に入れるために貯めるのを待つ時間的余裕がない場合に資金の調達をする為にお金を借りるローンにも実は色々な種類があります。

ローン=借金という図は根本的には正しいのですが、その種類によって金額も金利も返済方法も違ってくるので、必要なものに適したものをよく見極めることが大事になります。

多くの人が利用するローンとしては住宅ローンなどがありますが、これは住宅を購入する時など住宅に関わる事がらに対して借り入れることが可能なものです。

銀行によって用途の細かい差はありますが、審査などを受けて返済の可否を検討が必要となっており、金利も固定・変動によって変わってきますが、大きな特徴としては普通のお金を借り入れる時の利子よりは低めであるかわりに、借り入れたお金を住宅以外へ使用することは出来ません。

同じようにマイカーローン・教育ローンなどお金の使用目的が限られているローンではなく、自由に使用したい場合には「お金」を借りいれるローンが必要になります。

しかし一般的にいわゆるカードローンやキャッシングなどは身分証などの提示だけで手軽に借りられる分、多額の金利がついてまわってしまい、本当に簡易的な場合でなければ多重責務になって自己破産という道に陥る危険性も高いのでお勧めできません。

その点不動産担保融資の借入れは自分の不動産が担保となるので安心ですね。

どうしてもまとまったお金を借り入れる必要がある場合は、不動産担保ローンなどいざという時には担保になり得るもので返済して自らの人生を大きく踏み外すことにならないような方法を考えることをお勧めします。